【医師求人サイト】さまざまな働き方・キャリアを応援する力強い味方 -実際に利用した3社を紹介-

医学研究

医師の就職活動をサポートしてくれる求人サイトは、希望する条件にあった仕事を効率的に探すためになくてはならない存在です。自分自身も医師求人サイトを利用し、今後のキャリアを考えた大きな決断をすることができた経験があり、エージェントの方々にはとてもお世話になりました。

はじめは、あまりにたくさんの求人サイトがあるので、どれを選べば良いかわからず、まわりの経験者に相談したり、いろいろと検索をしたりして苦労しました。ここでは自分の実体験ベースにどのように就職活動を行ったのかご紹介します (実際に利用した中から特に良かったおすすめ3社もご紹介)。たくさんの先生方が自分のキャリアや生活に最適な仕事に出会い、生き生きと働くための一助となれば嬉しいです。

<strong>Dr.カケダシ</strong>
Dr.カケダシ

自分の好きな研究を続けられていることに感謝しております。

はじめに

自分は大学病院の所属しており、基本的には関連病院に派遣されて仕事をしておりました。一方で、派遣された先々や大学の同級生の中には、フリーランスの先生もけっこうおられましたし、家事育児と両立できる範囲で仕事をされる先生など、今はさまざまな働き方ができるんだと感じていました。

そんな自分も、自身の研究をさらに進めるべく、他県の研究室で勉強したいと思ったタイミングがありました。そこでは医療とAIの融合研究が盛んに行われており、自分の大学内だけではできないような新たな世界にチャレンジできるという確信があったからです。

しかし大学の関連地域ではないため、見知らぬ土地で仕事を探さなくてはなりません。研究の時間も確保しなければいけませんし、最低限の臨床能力も維持したいという思いもありました。

そんな中、医師求人サイトに登録したことで希望にぴったりの就職先を見つけることができました。国内留学というチャレンジを選択することができ、今の自分があります。理由はさまざまだと思いますが、就職や転職に迷われている先生方の役に立つよう自分の経験を共有したいと思います。

どんな流れで利用した?

まずは公式サイトに行って会員登録をします (本日お話するサイトはいずれも無料)。すると担当者の方から連絡をいただけるので、勤務地・勤務時間・内容などについて希望を伝えます。

該当する求人案内があれば担当者の方から連絡をいただけますし (忙しいときは本当に助かります)、自分でサイト内の検索エンジンを使って調べることもできます

もちろん、今すぐに転職したいわけでなければ、”定期的に求人案内のメールを流してもらってチェックする“、”スポットでバイトしたくなった時に利用する” というのもアリです。

大手だったとしても担当していない求人内容もありますので、複数登録しておいた方が広くカバーでき、比較もしやすくておすすめです。かと言ってあまりに多すぎても、連絡が大変になってくるので、個人的には3社くらいがベストだと思っています。

自分が実際に利用して良かったサイト (50音順)

転職希望医師の登録実績10年連続1位。m3.comのアプリを御存じの方もいるのではないでしょうか。

マイナビグループが運営する大手。エージェントの方にとても丁寧に対応していただきました。

1997年創業という医師キャリア相談のパイオニア的な存在です。

まとめ

個人的な経験や、まわりを見ての印象ですが…医師としての生活が数年経過したくらいに改めて自分のキャリアを考えるタイミングがあるかと思います。家族ができた時、日常診療にマンネリを感じた時、他の働き方をしている先生に出会った時、新しいことにチャレンジしてみたくなった時…。

そんな時にどうか大切なことや、やってみたいことをあきらめないで欲しいと思っています。まずは気軽に就活のプロに相談してみたり、求人案内を見るだけでも選択肢が広がると思います。

 

Dr. カケダシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました