【英語学習】忙しい医師が考える “大人の学び直し英語” 最速3ステップ!!

私生活編

英語ができるようになりたい!

外国人とペラペラ話したり、海外旅行をもっと楽しみたい!

英語に自信があればいろいろチャレンジできて世界が広がるのになあ!

と言いつつ、毎日忙しくて英語学習に割く時間なんてないなあ。

ここではそんな悩みを持つ方に向け、さまざまな勉強法を試し、国際学会での発表や研究室の留学生と問題なくコミュニケーションがとれるようになった (と思っている) 筆者が最も効果的な英学習法について考えてみます。

<strong>Dr.カケダシ</strong>
Dr.カケダシ

無理なく続けられて、お財布にもやさしい方法が良いですよね。

はじめに

ここでは中学や高校である程度英語の勉強をしたものの、日常でほとんど使うことはなく、すっかり忘れ去ってしまった方がいかに基本的な “英会話” 能力をUPさせるかにフォーカスします。

今後、英会話力の方が必要になる場面が多くなると考えています。読み書きに関してはDeepLのような翻訳ソフトをうまく活用したり、ある程度時間をかけて対応することができるからです。

目的や診療科によって必要な “専門用語” は異なりますが、まずはベースとなる英語力が必要です。学習ステップとしては、【基本知識速習 → 単語 ⇄ ひたすら実践】です。

【ステップ1】YouTubeで基礎知識速習

YouTubeは無料で動画が視聴でき、優良なコンテンツがたくさんあるため、とっかかりに最適です。隙間時間や移動時間を活用することもできます。

しかし、選択肢が多すぎて選びきれないのが難点です。玉石混合のYouTube界で圧倒的おすすめ2動画をご紹介します。

英語コーチ-イングリッシュおさる

英文法はこの先生にお任せしましょう。説明が圧倒的にわかりやすく、イメージ化して理解させてくれるので非常に実践的です。

動画は5時間もありますが…中高6年間かけた内容を網羅的に復習できるならコスパ抜群です。倍速再生で聴いても良いと思います。

ちなみに他の動画もすばらしいので、余力があればぜひチェックしてみてください。

【完全イメージ化】基本動詞50選【総集編】

【完全イメージ化】前置詞44選【総集編】

Atsueigo

英語で会話をするとき、正しい文章を話したつもりなのに聞き返されてしまうことがあります…。

それぞれの言語は “音” の集まりでできていますが、その構成要素が言語によって違うのです。例えば、日本語の母音は あいうえお” の5種類ですが、英語は15種類あります (IPA: 国際発音記号)。

つまり日本人としては “あ” でも、英語話者は複数の “あ” を使い分けており、違う音として認識しているのです。そのことをはじめにインストールしておくと学習効率がぐっと上がります。

<strong>Bee子</strong>
Bee子

そうかもしれないけど、発音の勉強なんて大変でしょう??

なんと、”音” の構成要素である発音記号を30分で解説してくれる衝撃的な動画がありました。

完全に習得するためには実践練習が必要ですが、英語話者がどのような音を使って会話しているのかぼんやりとでも全体像をつかんでおくと、リスニング・スピーキングのときの意識が変わります。

ちなみに発音マスタークラスという5480円買い切り講座があり (2023年6月現在)、発音記号だけでなく、強勢・イントネーション・リンキング (音のつながり) まで極めたくなったら検討してください。

【ステップ2】単語帳をパラパラ

文法と発音の基礎を速習したら、単語帳を1冊決めて少しずつ覚えていきます。単語1つ1つを丸暗記するよりは、例文を読んで “言い回し” のレパートリーも増やすと効果的です。

単語や使いまわしの効くフレーズをストックすることは英語の底力になりますが、一気に覚えれるものではないですし、そればっかりだと単調で飽きてしまいます。寝る前や通勤時間などに組み込んで、いかに習慣化することが鍵です。

おすすめ単語帳 -Duo3.0-

以前使っていたお気に入りのものがあればそれが良いと思いますが、新しく購入するなら「Duo 3.0 (鈴木洋一著、アイシーピー)」がおすすめです。2000年発刊の大ロングセラーの単語帳です (前身の2.0はさらに前)。

おすすめポイント

  • 約1600の単語と1000の熟語が、560の例文に凝縮されている
  • 復習用CDを使えば、全例文をわずか1時間で学習できる

いまいちポイント

  • 大学受験用なのでお堅い単語も含まれている
  • 発刊が古いことを気にする方がいるかも

単語帳を読む ⇄ 復習用CDを繰り返し聞く

例文ベースで学習できるところが気に入っています。少しずつで良いので、とにかく繰り返して体に染み込ませましょう。

【ステップ3】オンライン英会話で実践

受験勉強なら模擬試験ですが、英会話上達が目標なら “実際に英語で会話する” ことが重要です。

アウトプットすることは、”課題を感じてインプットの質があがる”・”成長を感じてモチベーションが維持できる” というメリットがあり、英語学習に限らず大事なポイントです。

説明の便宜上でステップ分けしてますが、【ステップ1・2】と【ステップ3】は並行して進めることをおすすめします。まわりに英語話者がいればてっとり早いのですが、そうでない方はオンライン英会話を活用しましょう。

対面の英会話教室よりも良いですが、時間の融通が利くオンラインの方が忙しい方にとっては続けやすいと思います。お値段もわりとリーズナブルでとてもコスパの良い自己投資だと思います。

おすすめオンライン英会話 -DMM英会話-

自分はDMM英会話を3年以上使っていてかなりおすすめです。さまざまなプランがありますが、標準的なプランだと1日1レッスン (25分間) で月額7,900円です。1回あたり約260円で受講できます。

ちなみに2回無料体験ができます。詳しくは公式サイトでご覧ください。

DMM英会話のおすすめ教材 -DAILY NEWS-

DMM英会話では豊富な教材が用意されていて、それをもとにレッスンを進めることができます。中でもDAILY NEWSというオリジナル教材は、海外・文化・エンタメ・科学などさまざまなトピックの1話完結の記事が毎日更新されており、記事の内容自体もおもしろいので飽きずに継続できます。

興味ある話題を選ぶも良し、普段話さないような話題をあえて選んで新しい単語や表現にチャレンジするも良しです。また、フリートーク・旅行やビジネスなどのトピック別・テスト対策の教材もあるのでさまさまざ目的に対応できます。

DMM英会話のおすすめ機能 -録音機能-

DMM英会話ではレッスン中の会話を録音してくれています。レッスン中はなんとか会話しようと一生懸命なので、終わった後に、”うまく言えなかったことがあったけど…なんだっけ?”、”先生がとても使える言い回しをしてたけど…なんだっけ?” となることが良くあります。そんな時は、後でレッスンを聞き直し (倍速も可能)、復習に役立てることができます。

はじめの内は日本人講師にその場で教えて解決してもらいながら進めるのも良いですが、中級者以上であれば、授業中はとにかく話しまくり、後でわからなかったところを調べるのがおすすめです。

DMM英会話のおすすめ番外編

DMM英会話には、あらゆる国籍の講師が在籍しています (累計148ヶ国)。受講した講師の国に応じて “メダル” を集めることができるので、いろいろな国のメダルを集めたいというコレクション欲をそそります。

またレッスン受講時間に応じて、自分のランクがアップしていきます。はじめはビジターですが、ブロンズ → シルバー → ゴールド → プラチナ → クリスタル → マスター → レジェンド と8階級あります。

目標を立てやすく、楽しみながら続けられます。

まとめ

以上、おすすめの英語学び直し3ステップでした。大切なのは、まずはじめることと、そして続けることだと思います。手軽にはじめれそうなものを中心に御紹介しました。

みなさんのおすすめ勉強法や御意見などあればぜひ聞かせてください。

 

Dr. カケダシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました